0 comments
0 trackbacks

C#にて文字列比較に「 == 」を使用することがありますがなるべくなら

C#にて文字列比較に「 == 」を使用すべきではありません

・「 == 」を使用して比較
if("abc" == "abc")
{
//
}


MSDNのC#プログラミングガイドにもありますが、文字列比較においては比較の種類を明示的に指定するメソッドを指定すべきです

「== 」でも文字列の比較は可能ですが、場合によっては予期せぬ演算子比較が行われることでバグの温床となる可能性もあります

具体的には、文字列ではなく文字列が含まれるアドレス自体を比較してしまいアドレスに格納されている文字列が同一でもFalseとして判定されることがあります


(参考:MSDNC#プログラミングガイド)
<https://msdn.microsoft.com/ja-jp/librarycc165449.aspx>

●stringクラスのequals()メソッドを使用

・equals()メソッドを使用しての比較ソース
if (string.Equals("abc", "abc") )
{
//
}


このequals()メソッドはオブジェクトの比較に用いられます。
Stringクラスで、equals()メソッドを定義した場合は
「2つのオブジェクトが同じかどうか」
「2つのオブジェクトが表している文字列の内容が同じかどうか」
の比較を行います。

文字列の比較を行う場合は気をつけてみると良いかもしれません
スポンサーサイト
 ↑↑↑↑↑↑よければクリックをお願いします↓↓↓↓↓↓
0 comments
0 trackbacks

今日のお題『カフェ』

カフェの代名詞的存在「スターバックス」

●「カフェ」と「喫茶店」の違い
  ・お客がカウンターで注文して,商品を自分でカウンターまで持っていくセルフサービス形式の店を「カフェ」
  ・店員が席まで注文をとりに来て,水も商品も運んでくれる,フルサービス形式の店を「喫茶店」
と言われているが明確な区分はない



●喫煙
・スターバックスは店内では禁煙
・マックも完全禁煙
タバコを吸う場所がどんどん減ってきている
非喫煙者も喫煙者もお互いの存在を気にすることなくカフェで一服できるようになるのかは重要な命題の一つ



●飲食以外を着目したカフェ
・趣味・・・「動物喫茶」「メイド喫茶」「スポーツ喫茶」

カフェの数は減っているが,人気店のレベルは上がってきている
「スイーツ」「内装」「サービス」
喫茶店に求められる「魅力」は大きくなっている
それに対しての「魅力づくり」は成功していると言っていいのではないか
 ↑↑↑↑↑↑よければクリックをお願いします↓↓↓↓↓↓