- comments
- trackbacks

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 ↑↑↑↑↑↑よければクリックをお願いします↓↓↓↓↓↓
0 comments
0 trackbacks

前に少しだけやっていたVBAについて覚書です
使うのは下記の2つのどちらかの関数です。

・StrComp 関数
・InStr 関数


どちらかというとStrComp 関数の方が使い勝手が良いと思うのが個人的な感想です

■StrComp 関数
構文:
StrComp(string1, string2[, compare])

string1:
 必ず指定。検索対象の文字列を指定します。
string2:
 必ず指定。検索する文字列を指定します。
compare:
 省略可能です。文字列式を評価するときに使用する文字列比較のモードを表す数値を指定します。
引数 compare を省略すると、バイナリ モードで比較。
0:バイナリモード,1:テキストモード

戻り値:
-1:一致なし
0:完全一致
1:文字列が含まれる

例:StrComp("ABCDE","AB")
戻り値は1となります

StrComp("ABCDE","ABCDE")
戻り値は0となります

■InStr 関数
構文:
InStr([start, ]string1, string2[, compare])

string1:
 必ず指定。検索対象の文字列を指定します。
string2:
 必ず指定。検索する文字列を指定します。
compare:
 省略可能です。文字列式を評価するときに使用する文字列比較のモードを表す数値を指定します。
引数 compare を省略すると、バイナリ モードで比較。
0:バイナリモード,1:テキストモード

戻り値:
一致あり:文字列が見つかった位置を返します。
一致なし:0

例:
InStr("ABCDE","D")
戻り値は4となります

その他にも値がNULLの場合についてなどもありますが,そこは割愛します
スポンサーサイト
 ↑↑↑↑↑↑よければクリックをお願いします↓↓↓↓↓↓

キー押下時のキーイベント"Ctrl+A"でリストボックス内を全選択

シェルスクリプト"cp"コマンドについて

comment iconコメント ( -0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( -0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。